オーガニックコスメは美肌への近道♪


Home > オーガニックコスメの情報 > 植物の持つ力で素肌を整えるオーガニックコスメ

植物の持つ力で素肌を整えるオーガニックコスメ

 肌に優しい印象のオーガニックコスメは、化学的に見た時にパーフェクトに優しいとは言い切れません。ケミカル化粧品を使うのと違い、ベースが植物なのでソフトと受け止められますが、植物でも肌が弱い人には敏感に感じることがあります。基本的に精油というのは人間の肌にとって、刺激が強いものであり、そのまま肌に塗布をするのはタブーです。アレルギーを皮膚に起こすリスクもありますので、加える精油は希釈をするのが一般的であり、精油含有は最低限にするコスメメーカーはたくさんあります。直接植物より抽出をする成分は良い成分のみではなく、不純物も含まれていて、それが肌に塗布して害となることもあるので要注意です。植物由来成分の中のも肌にリスクのある成分もありますし、人工的に化学合成で作った成分の方が、肌への負担が少ないこともあります。

 オーガニックコスメは海外メーカー清算のものや、国産製造の商品もありますが、まずはパッチテストで試してみることです。日本とヨーロッパの人の肌質は違いますし、水も違うので海外の商品を日本人が使っても、全員が肌が平気とも限りません。ですがパッチテストをしてみて、特に肌に問題がなく使えるのであれば、植物の持つ力で肌を整える、素敵なコスメでのスキンケアの開始です。認識として誤解を招きやすいのは、ナチュラルコスメがイコールでオーガニックという認識であり、同じ意味ではありません。天然素材成分を精製加工して作るのがナチュラルコスメであり、オーガニックを原料にするのがオーガニックコスメです。農薬や科学肥料を使い栽培する植物を使い、化粧品を作っているのがオーガニックコスメの方であり、手間がかかるので大量生産には向きません。

 オーガニックコスメをスキンケアに取り入れるのであれば、全ての基礎化粧品を思い切ってオーガニックにしてみるのは良い提案です。女性にとって愛用をしてきた化粧品を買えるのは、とても勇気のあることですし、今まで使ったことが無い化粧品で揃えるのは覚悟も必要になります。だからオーガニックを使うにしても、化粧水だけとか、美容液だけなど、なんとなく1つだけ使ってみようというパターンが多いです。スキンケアラインの1つか2つだけをオーガニックにして、あとは今までのケミカルコスメを使うこともできますが、オーガニックの良さを引き出すにはトータルで使ったほうがわかりやすくなります。即効性があるわけではないオーガニックですが、ケミカルコスメとは基本の成分が違うので、ケミカルと使うとオーガニックの実力を発揮しにくいです。

ページトップへ